オーエムファーマシーtle> <meta name="Description" content="" /> <meta name="Keywords" content="" /> <META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css"> <META name="GENERATOR" content="IBM WebSphere Studio Homepage Builder Version 11.0.0.0 for Windows"> <style type="text/css"> <!-- #formWrap { width:750px; margin:0 auto; color:#555; line-height:120%; font-size:90%; } table.formTable{ width:100%; margin:0 auto; border-collapse:collapse; } table.formTable td,table.formTable th{ border:1px solid #ccc; padding:10px; } table.formTable th{ width:30%; font-weight:normal; background:#efefef; text-align:left; } --> </style>



1.「くすりの説明書」(能書)を読んで、正しい使い方をしましょう。

・いつ服用すれば良いのか?

・くすりの使い方で注意することはあるのか?

・副作用、飲み合わせにはどんなものがあるのか


2.
用法・用量を守りましょう。

1回にどのくらいの量(何錠・カプセル何個)服用すれば良いのか?


3.
決められた時間に服用しましょう

食前 食事をする30分から1時間前。

食後 食事が終わって30分以内。

食間 食事と食事の間。前の食事から2時間くらいあと。

(食事の最中ではありません)

寝る前 寝る30分から1時間前。

頓服 症状をいったん抑えるため、症状が出たときに服用する。

例えば 熱が出たときに服用・痛みが出たときに服用など。

4.くすりの副作用について

病気を治す作用を「主作用」、それ以外の作用を「副作用」といいます。

主な副作用は、

眠くなる・体か゛かゆくなる・赤い発疹が出る・胃がムカムカする・お腹が痛くなる など

副作用が出たら、すぐに医師・薬剤師に相談しましょう

5. コップ1杯の水かぬるま湯で薬を飲み込みましょう

6.くすりの種類と形
内服薬 口から飲むくすり

外用薬 貼ったり、塗ったりするくすり

注射薬 直接、体の中に入れるくすり

7.内服薬の種類

錠剤

カプセル剤

シロップ剤

8.粉薬・錠剤・カプセル剤の服用方法

・水を少しだけ飲んで口の中を湿らせます。

・粉薬・錠剤・カプセル剤を口の中に入れます。

・コップ1杯の水かぬるま湯で流します。

くすりを服用する時の7つの約束
① 毎日決まった時間にくすりを服用します。
② くすりの服用量を守ります。
③ 病気が治ったと思っても決められた日までくすりを服用し続けます。
④ 他の人からもらってくすりを服用したりしません。
⑤ 他の人に自分のくすりをあげたりしません。
⑥ 前の病気の時にもらったくすりは使いません。

⑦ くすりはいつもきちんと整理して保管します。


(参考 公益社団法人 日本薬剤師会)